今月の短歌

内田康夫の作品
内田康夫の落款
早坂真紀の作品
早坂真紀の落款

2018年4月2日

  • 春眠は 暁だけとは 限らぬと 言い訳しつつ 昼寝とろとろ
  • 目覚めれば あけぼの色に 染まり行く 窓の向こうに 鳥のさえずり
  • なりゆきで 書いてみせると 豪語した 『死者の木霊』が ボクの原点
  • ありがとう 感謝してると つぶやけど 妻に届くか 白みゆく空
  • いまここで 眠ってしまえば 永遠に 目覚めぬ気がして 睡魔と闘う
  • 立春を 過ぎて今なお 寒かりき 右手でふとんを 搔きあげてみる
  • 車椅子 止めてしばらく 陽だまりに 来し方おもい 行く末おもう
  • 握られた 動かぬ腕に 伝わりし じわりじわりと 妻の温もり
  • 永遠と いう名の国に 旅立つ日 妻とふたりで 何を語るか
  • 静けさが 耐えられなくて 独り言 寂しさ増して 天井にらみぬ
  • 上弦の 白月浮かぶ 冬の夜は チェロなど聞いて 妻の名を呼ぶ
  • ふりむくな ボクはまもなく 旅にでる 前見て歩け 頼むぞ妻よ
  • わが妻の 笑顔のなんと 暖かき われが逝きても 笑顔絶やすな
  • 新しき 道を尋ねる 旅立ちの こころ残りは 妻と『孤道』と
  • 美しく 豊かな語彙は どこに消えた 言葉をさがして 焦れてる夫
  • 思い出は あれやこれやと 重なりて 愚かな若さ 懐かしくもあり
  • 枯れ葉追う 風をさがして 陽だまりに 目を細めたる 子犬がひとり
  • 寒つばき 血潮のごとき 花一輪 落ちて色褪せ 大地に溶ける
  • 「さびしいね」 夫のひとこと 身に沁みて 窓をあければ 枯れ葉の匂い
  • 一瞬の ただ一瞬の 出来事が つながり続いて いまの夫と妻
  • 歌人より 佳人になりたく 朝夕に 乳液すりこむ 無駄と知りつつ
  • 「ふりむくな!」 いまだ現実(うつつ)を 受け入れぬ 我を叱りて 空をにらむ
  • 柔らかき 日差しに春の はじけたか 大地をやぶり クロッカスの芽
  • レンギョウを あれはヤマブキと 言い張って そのまま逝くか 夫の笑顔よ
  • わが夫の いのち消えゆく 春未(まだ)き コブシは咲くや あるじなくとも
  • 風吹けば 春かも知れぬ わが森を 薄き緑の ベールで包みぬ
  • 覚悟など かひなき事と 知りながら 覚悟を決めた 早春の朝

上へ戻る